審美歯科の流れ

審美歯科のホワイトニングではいきなりホワイトニングの施術をするという訳ではありません。初回は歯科医の先生から説明を受けます。どのようにホワイトニングの施術を行って行くのかについての理解を十分にしながら、施術を行います。施術を行う前に口の中のクリーニングを行って、歯についている着色や歯石を除去することから始めていきます。レントゲンで虫歯の有無の確認も行っていきます。虫歯がある場合には、ホワイトニングの過程で痛みが出ることもありますので、まずは虫歯の治療を行っていきます。虫歯の状況によってはホワイトニングの施術が延期になることもあります。

満足する口の中の写真を撮ってその状況の確認をおこないます。その後歯に薬を塗って光を照射します。歯に付いた薬を洗い流します。この作業を繰り返していきます。1回目の施術はこれで終了で、1週間後に2回目の施術を行います。2回目の施術では、シミや痛みなどの確認をしていきます。その後、歯が以前に比べてどれだけ白くなっているか確認をします。その際には以前の歯の色を写真を見ながら比較していきます。多くの場合に数回の施術で大きなホワイトニング効果が現れて来ますので、多くの人がその施術に満足をしています。